logo
再生速度

こちらの動画を参考にレシピを作成しました。

名古屋名物 手羽先揚げ

名古屋の手羽先、美味しいですよね!私も世界の山ちゃんとか大好きです。 たっぷりのタレと塩コショウがアクセント。スパイシーで癖になる味です。手が止まらくなります。 肉を寝かせる時間があるため時間はかかりますが、工程は少ないので簡単に作れます。 お酒に合う絶品おつまみで、ビールやハイボールにぴったり。

主な食材

facebooktwitterline

材料

(4人分)

  • 手羽先

    24本くらい

  • 塩コショウ

    適量

  • 白ごま

    適量

  • タレ
  • しょうゆ

    大さじ6

  • みりん

    大さじ4

  • にんにく(おろし・チューブ)

    大さじ3

手順

  • 1.

    手羽先の関節(軟骨と軟骨の間)に包丁を入れて、手羽端を切り落とす。(切り落とした手羽端は鶏ガラとして出汁をとったり、塩コショウを振って焼くだけで美味しいです。勿体ないので捨てずに取っておきましょう!)

  • 2.

    160~170°の油で素揚げする。揚げ時間は2分〜2分30秒くらい。

  • 3.

    手羽先が薄いキツネ色に揚がったら、手羽先を油から上げて、油を切る。

  • 4.

    揚げた手羽先は1〜2時間放置して、余熱で火を通す。

  • 5.

    タレの材料を容器に入れて混ぜ、タレを作る。

  • 6.

    4の工程が完了した手羽先を180°の油で2度揚げする。

  • 7.

    2度揚げの途中、網じゃくしなどで手羽先を鍋の底に押し付けて、手羽先の空気を抜く。

  • 8.

    手羽先が浮いてきて泡が出なくなってきたら、手羽先を油から上げて、油を切る。(2度揚げを始めてから、だいたい7分後くらい。)

  • 9.

    揚げた手羽先にタレをたっぷりと塗る。

  • 10.

    手羽先に塩コショウを振りかける。(結構多めに振りかける。)

  • 11.

    もう片面も同じようにタレを塗って、塩コショウを振りかける。

  • 12.

    手羽先を皿に盛り、白ごまを振りかけたら完成!

このレシピは私が投稿しました。
ゴン
ゴン